鳥獣被害対策&地域活性化プロジェクト 地元高校生が取組む地域活性化 12/5(木)埼玉県立小鹿野高校生が鹿肉新メニューを発表

ちちぶのじか活性化協議会(所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野298-1 西秩父商工会内)は、埼玉県立小鹿野高等学校と連携して、地域の実態(鳥獣被害および対策・鹿の利活用による地域活性化)を高校生に知ってもらう授業を担当しています。自分たちが住む地域で発生している問題を知ってもらうとともに、地域問題を他人事として捉えるのではなく、「自分はなにができるか」という視点から考える意識を醸成することを目的に、高校生にオリジナル鹿肉新メニューを開発してもらっています。

下記日時で授業をします。メディア取材可能です。ぜひお越しくださいませ。

日時:12/5(木)10:55~12:45(鹿肉新メニューの発表)

場所:埼玉県立小鹿野高等学校 調理室(所在地:埼玉県秩父郡小鹿野町小鹿野962-1)

鹿肉そぼろ飯

高校生が開発中のメニュー:鹿肉そぼろ飯

鹿肉と椎茸の揚げ物

高校生が開発中のメニュー:鹿肉と椎茸の揚げ物

●ちちぶのじかプロジェクト

秩父の豊かな自然のなかで鹿が増え続けました。森林被害・農作物被害が多発したため、鹿は有害鳥獣として駆除されるようになりました。「自然が育んだ命を大切にしたい」鹿は駆除されるのではなく大切に扱うべき存在である。と我々は考えます。鹿肉を食べさせていただき、鹿革を利用させていただき、そして鹿に感謝する。決して命を粗末に扱いたくはありません。

Facebookページ: https://www.facebook.com/chichibunojika