食べて痩せるはもう常識。 心・カラダ・地球が喜ぶ食事のTABEYASEレストラン。 管理栄養士監修メニューで2019年10月、期間限定でオープン決定。

一般社団法人Food Masters Collegeは、2019年10月12日(土)と10月16日(水)の2日間限定で、TABEYASEレストランをオープンいたします。

【TABEYASE とは】
TABEYASEとは「食べることを心から楽しみ、心身ともに健やかで、心豊かに過ごすことができるライフスタイル」です。
カラダを変えるのも、食事を変えるのも、全ては個人の習慣を変えることから。
1人1人がTABEYASE習慣を身につければ、手間なし、我慢なし、制限なしの食事が実現します。
家族や大切な人と共に、食卓を通して心豊かになり、食卓に笑顔が生まれるのが、TABEYASEの考え方です。

【今回の取り組みについて】
「食」は、人の健康や地球環境に大きな関わりがあります。
ファストフードや冷凍食品の普及による栄養バランスの変化、生活時間の多様化や単独世帯の増加による食卓でのコミュニケーション不足、生活習慣病の増加、食べ残しや食料廃棄量の増加など、「食」にまつわる問題は拡大する一方です。
TABEYASEレストランを開き、より多くの方にTABEYASEの考え方を広めていくことは、このような問題を抱えている方へのアプローチに繋がると思い、今回のTABEYASEレストランのオープンが決定しました。

【日本初の商品をいち早く体験できます】
ドングリを使ったカレー、一杯で栄養満点なスープ、食べて健やかカラフルなおいなりさん、秋田出身の歯科衛生士考案のきりたんぽをベースにしたワンハンドフードなど、商品開発メンバーの世に出る前の料理を体験できます。
また、TABEYASEファンも大好きなTABEYASEラーメンや鶏ハム、TABYASEのロゴの食材をフル使用したATPICサラダプレートなど、メンバーの熱い想いのこもった料理を提供します。

【2030年までの目標であるSDGsの達成に貢献】
2015年に国連で採択されたSDGs(持続可能な開発目標)に賛同します。
TABEYASE レストランでは、SDGsの「No3.すべての人に健康と福祉を」「No12.つくる責任つかう責任」を中心として、卵の殻や野菜の皮は堆肥にするなど食品ロスの低減に努め、料理はすべて添加物や合成調味料を使用せず、素材の味を活かして作られます。地球にやさしいレストランを目指します。

【メニュー】
各1,200円
・TABEYASEラーメン(鶏ハムチャーシュー入)&ころうまとのめし&いろどりなりあげ
・ATPICサラダプレート &円満具足スープ&鶏ハムチャーシュー
・どんぐりカレープレート &ATPICサラダ&円満具足スープ

TABEYASEデザート
デザート単品600円 上記とセットで400円
・米粉シフォンケーキ
・かぼちゃチーズケーキ
・さつまいものプリン
※価格は変更の可能性があります。

【店舗概要】
時間 11:00~15:30(14:30ラストオーダー)
住所 東京都大田区蒲田4-10-14あすとウィズ3F
HP https://rinarth.biz/
問い合わせ先 support@momel.jp

【監修】
星野春香
一般社団法人 Food Masters College代表理事。
TABEYASEメソッド開発者。
“ ダイエット = 我慢・食べない ” という常識を覆し3ヶ月半で体脂肪-7kg!体脂肪率-9%達成中
SNSの総フォロワー数は2万以上。
自身のひどかった肌荒れを食事で改善した経験から「 食べ方ひとつで未来は変わる 」をコンセプトに、東京・大阪で料理教室・講座の開講や、企業様の商品開発やレシピ監修、メニュー開発等を行っている。