伊勢の逸品とテクノロジーが融合!

報道関係各位
2019年9月19日
有限会社 ゑびや

伊勢の逸品とテクノロジーが融合!
伊勢神宮おはらい町の土産物店伊勢ゑびや商店」が
大丸心斎橋店8F9/20(金)オープン

有限会社ゑびや(本社:三重県伊勢市、代表取締役:小田島春樹)は、伊勢神宮おはらい町に店を構える『ゑびや商店』の2号店『伊勢ゑびや商店』を、9月20日(金)に大丸心斎橋店本館8Fにオープンいたします。

 

『ゑびや商店』は、創業100年の歴史がある食事処『ゑびや大食堂』に併設する土産物店として、2016年にオープンしました。以来、伊勢の名産品や伝統工芸品をモダンにアレンジしたオリジナル商品が好評で、全国から多くのお客様をお迎えしています。また、小田島の『世界中のお店ビジネスに寄り添うテクノロジーをデザインする』という意志のもと、先進のテクノロジーを使った店舗づくりを実践。グループ会社『EBILAB』が開発した店舗分析ソリューション『TOUCH POINT BI』 を用い、顧客分析などを自動で行うことで効率化と業績向上を追求し、スタッフがおもてなしに集中できる店舗づくりを実現します。海外からのお客様に向けては、多言語対応タブレット『Payke』を設置。お客様が気になる商品のパッケージをスキャンすると、詳細な情報が表示されることで、より良いお買い物体験、旅の思い出づくりへとつなげます。伊勢の逸品とテクノロジーが融合したオンリーワンの土産物店。お買い物をお楽しみくださる方はもちろん、テクノロジーを用いた店舗経営に関心をお持ちの方など、たくさんの方にご来店いただければと思います。http://www.ise-ebiya.com/

ゑびや商店3つの特徴、こだわり
1.名産品や伝統工芸品など伊勢の魅力をお届けする土産物店
2.多言語対応『Payke』タブレット設置で、海外からのお客様をおもてなし
3.ゑびやグループ『EBILAB』開発の店舗分析ソリューション『TOUCH POINT BI』で、
  無駄のない、おもてなしに集中できる店舗を実現
 

 

 

おはらい町通りにある「ゑびや商店」おはらい町通りにある「ゑびや商店」

 

萬古焼シリーズ萬古焼シリーズ

EBILABが提供するTOUCH POINT BIEBILABが提供するTOUCH POINT BI

 

 

【ゑびや商店について】
伊勢神宮おはらい町にて伊勢の名産品や伝統工芸品を扱う土産物店。併設する老舗食堂『ゑびや大食堂』の味をご家庭でもお楽しみいただける『ゑびやの伊勢うどん』や、おすましやラーメンにおすすめの『ゑびやのおだし』、三重の地場産業である萬古焼を愛らしくデザインした『ゑびや萬古焼』、伊勢名物をモチーフにした落雁『いせらくがん』 、江戸時代から続く伝統の布に伊勢を象徴するアイコンを配した『伊勢木綿』など、モダンにアレンジしたオリジナル商品が好評です。ぜひ、足をお運びください。
 

 

 

 

萬古焼シリーズ萬古焼シリーズ

いせらくがん(柚子・伊勢茶・真珠塩・桜塩漬け・えんどう味)いせらくがん(柚子・伊勢茶・真珠塩・桜塩漬け・えんどう味)

大丸心斎橋店概要
所在地:〒542-8501 大阪府大阪市中央区心斎橋筋1丁目7−1 8F
TEL:06-6243-3618
営業時間:10:00〜20:30
定休日:大丸心斎橋店の休館日に準ずる
URL:https://www.daimaru.co.jp/

店概要
所在地:〒516-0024 三重県伊勢市宇治今在家13
TEL:0596-63-5135
営業時間:9:30〜17:00
定休日:無休
URL:http://www.ise-ebiya.com/syouten/

【有限会社ゑびやについて
1912年、伊勢神宮のおひざもとである おはらい町に食事処『ゑびや大食堂』を創業。100年の歴史がありながら、時代の流れに乗れず、一時は暖簾をおろすことも検討しましたが、年に代表取締役に就任した小田島春樹がデザインとテクノロジーの力で再建。2016年に立ち上げた『ゑびや商店』や『あわび串屋台』も軌道に乗せ、驚異的な成長を続けています。近年では、ブランド再建で得たナレッジを社会に提供することを目的に『EBILAB』を設立。『世界中のお店ビジネスに寄り添うテクノロジーをデザインする』をコンセプトに、店舗分析ソリューション『TOUCH POINT BI』をはじめとするソリューションで、サービス産業が抱える社会課題の解決に貢献しています。

所在地:三重県伊勢市宇治今在家町13
代表者:小田島春樹
設立:1994年
URL:http://www.ise-ebiya.com/