菌況報告(号外)『なかのきのこ新聞』WEBサイト版がOPEN!10月15日(きのこの日)にはフリーペーパーも創刊!信州なかの発!きのこ王国の魅力を楽しく伝える産地応援メディア!

「きのこ」と「産地」の魅力をおいしく&たのしく伝える産地応援メディア「なかのきのこ新聞」公式WEBサイトがこの度オープンしました。

WEBサイトビジュアル

WEBサイトQRコード

なかのきのこ新聞公式サイト

https://nakano-kinoko.com/

10月15日創刊の紙面と連動しつつ、編集部からの“菌況情報”やきのこグルメ&グッズ情報、紙面には載せきれなかったこぼれ話、きのこの種類やカテゴリー別に検索ができるとっても便利な「菌ツマ」のレシピなど、コンテンツを充実させていきます。みなさまの生活に役立つ情報を楽しくお届けしていきますよ!

<プロジェクトの背景>

JA中野市(長野県中野市)は、きのこと産地の魅力を楽しく美味しく伝える産地応援メディア『なかのきのこ新聞』プロジェクトを始動します。食や健康への意識が高い方、子育て中の女性、料理好き・きのこに興味がある方をターゲットに、きのこの美味しさ・食べ方・健康効果はもちろん、生産者のこだわりや産地情報など、紙面(年2回発行)とWEB・SNSを連動させながら、“きのこ産地の採れたて菌況情報”を発信します。多様な生活シーンや趣味嗜好を持つ消費者の方々に、様々な角度から世代を超えてきのこを楽しんでもらえるメディアとして「可愛く、美味しく」情報を発信していきます!

なかのきのこ新聞創刊

企画編集を担当するのは「おちゃのまを楽しく、ワクワク!」をテーマに地域や食のコンテンツを手掛ける株式会社TAN-SU。きのこを身近に楽しんでもらえるよう、可愛いイラストやデザインを活用したエンターテイメント性の高い“コンテンツ”をお楽しみいただけます。

株式会社TAN-SU ロゴ

創刊号の特集は「きのこ王国へようこそ!~日本一のえのきたけ産地のヒミツ~」「えのきたけができるまで」のプロセスや生産者の紹介、「えのきたけ栽培の歴史」についてもまとめます。えのきたけの健康効果、栄養効果を逃さない食べ方のほか「フラワーえのき」や「えのきの株元」など地元発のユニークな食べ方などもご紹介します!その他コラムやレシピ、インタビュー記事もお楽しみに!創刊号のスペシャルインタビューはなんと杉浦太陽さんが登場します!WEBサイトでは、インタビューのこぼれ話もお届けしますので、あわせてお楽しみください。

【新聞発行】  年2回 秋冬号=10月15日(火)<きのこの日>、春夏号=5月発行予定

【配布先(予定)】イベント、スーパー、流通関係、折り込みなど

        ※FacebookおよびInstagramは「なかのきのこ新聞」で検索!

【発行】    JA中野市

【企画編集】  株式会社TAN-SU(たんす)