ジョルダン株式会社 スマートシティ推進 EXPOに出展

MaaSビジネスを展開しているジョルダン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:佐藤俊和、以下ジョルダン)は、2月24日(水)~2月26日(金)の3日間、幕張メッセで開催される「スマートシティ推進 EXPO」へ出展します。また、2月24日(水)12:00~13:00、取締役 執行役員 戦略企画部長の佐藤博志が、MaaS最新事例として「日本の魅力を圧倒的に広めていく!MaaSからはじまる「日本再興」!」というテーマにて特別講演に登壇します。

 

「スマートシティ推進EXPO」は、国策により推進される「スマートシティの実現」を支援する製品やソリューションが一堂に出展される専門展です。「交通」、「エネルギー」、「まちづくり」、「データ活用」、「AI・IoT」、「通信・センシング技術」などに関わる企業や団体が出展し、スマートシティの開発や関連技術の導入に強い関心を持つ全国の官庁・自治体関係者や公共機関、ゼネコン、ディベロッパーなどが多数来場する商談展です。

 

ジョルダンのブースは、主に、地域のテレワーク拠点を中心とした地方創生や、MaaSから始まるスマートシティ推進に重きが置かれていることが特徴で(ブースコンセプト)、会期中は、「乗換案内を通じて日本の魅力を発信する取り組み」をはじめ、地方テレワーク拠点とライブビューイングで接続するなどのデモンストレーションを行っています(2月24日)。

 

なお、特別講演は、専用のURL  https://www.publicweek.jp/seminar01/ から事前に、申し込み可能で、聴講は無料です。