カナダのBCブルーベリー、日本での販促キャンペーンを開始

 

カナダのブリティッシュ・コロンビア ブルーベリー協会(British Columbia Blueberry Council、以下BCブルーベリー協会)は、日本における販促キャンペーンの開始と日本連絡事務所の設立を発表いたします。BCブルーベリー協会はこれまでも、カナダ連邦政府及びブリティッシュ・コロンビア州政府の協力を得ながら、日本における貿易ミッションやトレードショーに参加して参りましたが、この度、マーケティング及び広報業務における日本連絡事務所としてウィタンアソシエイツ株式会社(東京都・港区)の協力のもと、日本での販促キャンペーンを本格的に開始いたします。

「年間を通して生や冷凍、加工品などのBCブルーベリーの情報提供及び啓蒙活動を積極的に展開できることを嬉しく思います。ブリティッシュ・コロンビア州は世界有数のハイブッシュ・ブルーベリーの産地であり、カナダ全体の95%以上、北米全体の20%以上の生産量を誇ります。」とBCブルーベリー協会のマーケティング・PRコーディネーターであるLauren Wallaceは述べています。

本キャンペーンは日本のバイヤー(代理店・小売店・飲食店)や一般消費者へのBCブルーベリーの認知度向上を目的としています。最初の活動として、2019年8月27日(火)~29日(木)に東京ビッグサイトにて開催される「外食ビジネスウィーク2019 / 第1回 ホレカ産業展」(https://www.gaishokubusiness.jp/)にブース出展します。(小間番号4H-33)(https://sys.trso.co.jp/food_tokyo/company/detail_company.php?keyid=509)
また、アジア最大級の食品・飲料専門展示会であるFOODEX JAPAN2020への出展も予定しております。

「BCブルーベリー協会は、これらの展示会への出展を通して、日本の既存の顧客との関係強化と、新規の顧客との接点をつくり、ビジネス拡大を目指します。BC州産の良質なブルーベリーを、フレッシュ(生)やフローズン(冷凍)だけでなく、ドライ、パウダー、ジュース、ピューレ等、様々な形態でご紹介できることを楽しみにしております。」とBCブルーベリー協会のエグゼクティブ・ディレクターであるAnju Gillは 述べています。

日本語のホームページ(https://bcblueberry.jp/)も整備し、今後BCブルーベリーに関する様々な情報を提供して参ります。

■ブリティッシュ・コロンビア ブルーベリー協会(BCブルーベリー協会)について
カナダ西部・ブリティッシュ・コロンビア州に本拠地を置くBCブルーベリー協会は80年以上にわたるブルーベリー栽培の経験と実績を誇り、600を超えるハイブッシュ・ブルーベリー農家を代表し、ブルーベリー産業の活性と発展を目的に販促・調査・啓蒙活動等を行う非営利団体です。BC州産ハイブッシュ・ブルーベリーの栽培地面積は年々増加する需要に対応し、現在11,000ヘクタール以上に拡大しております。BCブルーベリー協会はブルーベリー製品の高い品質と食品安全基準を守るべく、農家や加工業者と協業し、畑から食卓まで徹底的な管理に努めております。

【本件に関する問い合わせ先】
BCブルーベリー協会 日本連絡事務所 (ウィタンアソシエイツ内)
https://bcblueberry.jp/
担当:黒瀬  e-mail: bcblueberry@witan.co.jp
TEL : 03-5544-8481 (10~18時 土日祝日除く)