『サーモス デュラブルシリーズ フライパンKFF(KFF-020/024/026/028)』 『サーモス デュラブルシリーズ 炒め鍋KFF(KFF-020D/024D/028D)』 『サーモス デュラブルシリーズ 玉子焼きフライパンKFF(KFF-013E)』

耐摩耗性デュラブルコートが特長の
フライパンのスタンダードモデルがリニューアル!
2020年9月1日(火) 発売

魔法びんのグローバル企業として、人と社会に快適で環境にもやさしいライフスタイルを提案するサーモス株式会社(本社:東京都港区 社長:中條啓一郎)は、毎日の料理にちょっとプラスをしてくれる、キッチンツールのシリーズであるサーモス「KITCHEN+」(キッチンプラス)から、サーモス デュラブルシリーズの新製品全8アイテムを2020年9月1日(火)より発売します。
サーモス デュラブルシリーズは、硬質フィラーを配合した耐久性コーティングの「耐摩耗性デュラブルコート」を採用。耐摩耗性の高さと、焦げ付きにくさが特長です。ラインアップは、一般的なフライパンよりやや深さがあり幅広い用途に活用いただけるフライパン、超深型設計の炒め鍋、お弁当作りにも大活躍する玉子焼きフライパンを展開。サイズも多種ご用意し、初めての独り暮らしや、ファミリー層のデイリーユースなど、幅広いシーンでお使いいただけます。
この度のリニューアルでは、フライパンの軽量化を実現(従来比)。また、ハンドル部分が進化し、よりスリムな形状になって握りやすくなっただけでなく、ハンドルに熱を伝えにくい設計に変更。コーティングも施しているため汚れの付着を防止し、洗いやすさにも配慮するなど、細部までこだわった仕上がりになっています。
サイズのラインアップは、超深型「炒め鍋」に20cmサイズが新たに登場し、全8アイテムとなりました。

◆デュラブルシリーズ 製品特長

共通

フライパン(KFF-020/024/026/028)/ 炒め鍋(KFF-020D/024D/028D)

<リニューアルポイント>

<その他の製品特長>

●深いから、使いやすい!
炒める、煮る、揚げる、炊くなど、様々な料理がフライパン一つでできる。
油が飛び散りにくいから、コンロが汚れにくい。

玉子焼きフライパン(KFF-013E)

<製品特徴>
●卵2つで丁度よいサイズ感(13×18.5cm)
●留め具が内側にないフラット構造で、
汚れがたまりにくい
●厚めの底板で均一に熱が回ってきれいに焼ける
(底厚3.5mm)
製品に関するお問い合わせ先
サーモスお客様相談室
TEL(ナビダイヤル):0570ー066966  https://www.thermos.jp/