モナコ王室ご用達オリーブオイル『CENTONZE(チェントンチェ)』に新商品が誕生! キッチンに今すぐ置きたい230g丸瓶ボトルが8月20日発売

専門家の指導のもと、安心安全かつ美味しい食用オイル等の輸入販売やレストランの経営を行う亜細亜食品株式会社(所在地:東京都板橋区、代表取締役:藤本 飛呂)から、新商品のご案内です。自社で取り扱う商品の中でも、特に高い人気を誇るのが、モナコ王室ご用達で幻のオリーブオイルと言われる「CENTONZE」です。自宅用に高品質なオリーブオイルをフレッシュな状態で使いたい、という声に応え商品化を企画し、92gボトル、460gボトル、業務用3L缶に加えて、新たに「230g丸瓶Bボトル」が誕生します。

イタリア・シチリア西部に位置するセリヌンテ

【モナコ王室ご用達】有機オリーブオイル「チェントンツェCENTONZE」とは

イタリア・シチリア西部に位置するセリヌンテは透き通ったコバルトブルーの海沿いに広がるオリーブ畑が美しい場所です。オーナーのCentonze氏は、オリーブへの深い愛情と揺るぎない情熱をもって、1953年以来、有機農法による栽培を守り続けています。世界で毎年300万トンものオリーブオイルが生産されていますが、その中で、有機のものはたった5%ほどと、とても希少です。毎年収穫時期になると厳選したオリーブの実を一粒ずつ手摘みし、鮮度を保つため12時間以内に抽出します。樹齢数百年を越えるオリーブから生まれる「CENTONZE」は、自然の恵みが惜しみなく詰め込まれ、味わうごとに感動を覚える高品質有機エキストラバージンオリーブオイルです。

その証に、イタリアスローフード協会認定を受け、国際オーガニックエキスポのBIOFACHや、イタリアのグルメ専門出版社Gambero rossoなど数々のオリーブオイルコンテストでも受賞。世界中で認められているオイルです。少しスパイシーで青草のような豊かな香りは、新鮮なポリフェノールが詰まっている証拠。「緑の宝石」とも呼ばれ、ミシュランの星を持つレストラン50軒以上で使われているほか、溝口クリニック(東京・新宿)の食事による体質改善療法などで病院でも使用されています。また、屈指の食通であり、オーガニック食材を好まれるモナコ王室のアルベール公のために料理長が選んだオイルとしても有名です。

【品種】ノチェラーラ・デル・ベリーチェ100%

【収穫方法】手作業 

【フィルタリング】あり

【認証機関】CCPBs.r.l.(BIO)-Agroqualita`(D.O.P.)

【認証団体】有機JAS,EU BIO,USDA ORGANIC等

【色】深いグリーンに黄金色の輝き

【香】スパイシーで若草のようなフレッシュな香り

【味】早摘みトマトの爽やかさとアーモンドの深みを感じるような絶妙なバランス

【原産地】イタリア(シチリア西部セリヌンテ)

■新商品 230g 丸瓶タイプ

≪商品概要≫

◆商品名  :エキストラバージンオリーブオイル チェントンツェCentonze 丸瓶タイプ

◆価格   :1,800円(税別)

◆内容量  :230g

◆発売日  :2019年8月20日

◆販売サイト:味とサイエンス オンラインショップ( http://ajitoscience.com/ )

◆黒を基調とした高級感のある丸瓶です(下記写真を参照)

https://www.atpress.ne.jp/releases/190901/img_190901_4.jpg