ロイド レジスター、BRCGS 倫理的取引基準に基づくサービス提供開始

ロイド レジスター (LR) は、BRCGS 倫理的取引基準および責任ある調達基準に基づき、食品、飲料、ホスピタリティ企業に対して審査・認証を提供する認証機関として英国で初めて認定されました。

グローバルサプライチェーンにおける人権および労働基準への意識の高まりに対応して開発されたこれらの基準は、倫理的取引と責任ある調達のための原則に照らして組織のマネジメントシステムを評価する枠組みを提供します。

同基準は、サプライヤーが販売する商品やサービスが倫理的に生産されていること、また原材料が責任を持って調達されていることの実証支援を目的としています。 独立した審査基準として設計され、また他の BRCGS 基準と併せて提供される同基準は、二次加工食品のメーカーおよびサービスプロバイダーの法令遵守とコンプライアンスも支援します。

Ged Farmer(ロイド レジスター, 技術持続可能性部門マネージャー)は 「弊社の経験豊富な有資格審査員は、これらの重要な基準に照らして審査を提供することができます。 消費者は倫理的な取引への意識を高めており、購買行動は変化しています。そのため、企業がサプライチェーンにおいて自社の倫理的リスクを特定、測定、軽減していることを実証することが、かつてないほど重要さを増しているのです」とコメントしています。

Mike Wilson(BRCGS, 倫理的取引基準および責任ある調達基準のグローバル統括責任者)は次のように語っています。 「BRCGS 規格に対する審査は、ロイド レジスターなどの評価の高い認証機関の審査員で構成されるグローバルネットワークにより行われています。 弊社は、審査員の能力、資格、経験に関して非常に高い基準を設定しており、基準を厳格にモニタリングすることにより審査基準を保証・維持しています」

「BRCGS の倫理的取引基準および責任のある調達基準は、食品企業が安全で健全な職場環境を提供し、労働者の権利を守るうえで役立つ包括的な要求事項を提供することで、多くの世界的な問題に対する企業の取り組みを支援します。 また同基準は、企業が消費者の要求に応じる場合、あるいは株主価値や企業の評判を守る場合にも役立ちます。 同基準の数々のメリットを鑑みて、世界中の企業がスタンドアロン審査(コアスタンダード)や追加モジュール(リスク評価)の要求事項に適合するための取り組みを進めることを期待しています」

ロイド レジスターについて

ロイドレジスターは1760年に船級協会として発足しました。現在、世界の第一線のエンジニアリング力と技
術力を活かした専門的サービスを提供する組織であり、世界75カ国以上の顧客の安全性を高め、その重要
なインフラストラクチャーのパフォーマンス向上に努めています。私たちの生み出す利益は科学・技術工学関
連の研究、教育、および公的関与を助成する慈善団体であるLR基金に寄付されており、より安全な世界の実
現に向けて貢献できるよう努めています。
データにあふれ、複雑さの増す世界の中で、顧客は、成功のために多くの技術を必要としていると私たちは
認識しています。多くの企業が経験豊かな手を必要としており、耳を傾け、雑音をはねのけ、自分たちとその
顧客にとって本当に重要な課題を重視してくれるパートナーを求めています。
私たちは誠実に顧客のニーズを検討し、専門知識と250年以上にわたる経験を生かして、誰にとってもス
マートなソリューションを提供しています。

■会社概要
社名:ロイド レジスター クオリティ アシュアランス リミテッド
本社:〒220-6010
神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-1  クイーンズタワーA 10F
設立:1985年1月21日
代表者:的場 慎哉
URL:https://www.lr.org/ja-jp/
※記載の会社名、製品名は、それぞれ会社の商標または登録商標です。
※本プレスリリース記載の情報は発表日現在の情報です。予告なしに変更されることがありますので、予めご了承ください。