『海を渡った故郷の味 新装版 Flavours Without Borders new edition』 2月4日(月)発売

株式会社トゥーヴァージンズ(東京都千代田区)は、2020年2月4日(月)に、日本にいる難民の方から教わった故郷の料理を集めた『海を渡った故郷の味 新装版 Flavours Without Borders new edition』(編著:認定NPO法人 難民支援協会)を全国の書店にて発売します。

世界15の国・地域から45のレシピを掲載、日本にある食材で簡単に作れるよう工夫されています。

「難民」という言葉はテレビや新聞では聞いたことがあるかもしれませんが、実際日本にも多くの難民の方々がいることを知ってほしい、故郷を思う気持ちは皆同じ、そんな思いからこの本は作られました。

 ここではちょっとした食文化の解説や故郷への思い、またこの本のレシピを基に学生が主体となって行っている活動「Meal for Refugees(M4R)」などをご紹介、食の切り口から難民の方について知ることができる内容となっています。

 一見難しそうに見えるレシピでも、日本にある食材でアレンジされていたり、数種類のスパイスを加えただけで本格的な味わいになるので、初めての方でも簡単においしく作ることができます。彩り鮮やかな料理が多く、おもてなしにもぴったりです!

 日・英併記のレシピ本で、多くの海外の方が来日する東京オリンピックの今年、周りの海外の方々にも勧めたくなる1冊です。

トマトと相性抜群 ニラたっぷりの卵焼き(アゼリ)

挽き肉たっぷりクスクスの包み揚げ イチリキョフテ(クルド)

イエローライスの冷たいデザート(イラン)

《難民支援協会について》

認定NPO法人 難民支援協会  

1999年設立。紛争や迫害により故郷を追われ、日本へ逃れてきた難民が安心して暮らせることを目指して活動する。難民申請の手続きや、来日直後の緊急期を含む医食住の支援、自立に向けた就労支援などの直接支援に加えて、地域社会との橋渡しや、政策提言、認知啓発など多様な関係者への働きかけにも力を入れている。年間の支援対象者の出身国は約60か国にわたり、来訪相談者数は約600人、相談件数は3,000件以上(2018年度実績)。

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所のパートナー団体。

《書籍情報》

『海を渡った故郷の味 新装版 Flavours Without Borders new edition』

編著:認定NPO法人 難民支援協会

定価:本体価格1,600円(+税) 

仕様:108ページ/B5/ソフトカバー 

ISBN:978-4-908406-53-9